雇用統計前に早くも動き?フィッシャー副議長の発言の捉え方は?

投稿日: カテゴリー: FXブログ

雇用統計前に早くも動き?フィッシャー副議長の発言の捉え方は?

こんばんは!

昨日はブログを更新できずにごめんなさい!

 

メルマガ読者の方は何が起きてるか分かっていると思うので、寛大に見て下さっていると思いますがw

ブログだけをご覧の方は、何が何だか訳が分からないですもんね!

どちらもしっかりとやらないと、と反省しました・・・。

 

メルマガ登録はコチラ!

FXシグナルハンターKENICHIメルマガ

お名前 

メールアドレス (必須)

もし届いていない方は、下記のアドレスまでお問合せ下さい。

◆お問合せメールアドレス  → info@signalhunterfx.com

参加中のランキング↓

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

 

さてさて、もう始まっていますが今週の為替市場について。

先程のフィッシャーFRB副議長の発言で動くかなー?って思って見ていましたが、結局は行って来いで真ん中辺りの価格で落ち着いたようです。

恐らくこのまま週末の雇用統計までは様子見ムードが強いので、小幅なレンジでの推移に終始するのでは?と考えられていますが、KENICHIも概ね同じ意見です。

ただ、全く動かなかった先週と違い、レンジとはいえ多少は短期トレンドが発生しているので、稼ぐチャンスは十分にあると思います。

若干ではありますが、円安優勢のチャートになっているので、押し目買いの意識でじっくりポジションを待っていれば、それなり安定した結果を残せるのではないでしょうか?

 

逆にスキャルの場合は、エントリーするタイミングに気をつけましょう!

先程のどっちつかずの要人発言なんかに振り回されている時は、無理にポジションを持たないようにして、ある程度安定した状態になってからスキャルをはじめるといいと思います。

利確も損切りも浅めの意識で、5pipsくらいを目安に着実に取っていく意識で挑みましょう!

 

1時間足のチャートを見ると極端な値動きをしているように感じますが、4時間足だとキレイなレンジになっていますし、日足だとキレイな下降トレンドになっています。

おそらく先々週辺りがドル円は底になってくるとは思いますが、雇用統計、そしてFOMC次第ではどちらか一方へ一気に進むでしょうから、注意しておく必要があります。

 

レンジブレイクをするのか・・・日足の下降トレンド継続になるのか。

まずは今週末の雇用統計が、その第1ラウンドですから、雇用統計~週明けの日本市場に備えた準備を、今のうちにできることはやっておきましょう!!

 

KENICHIは現在メルマガで開催中のイベントが忙しいので、余裕を持ったスイングでやろうかなーなんて考えていますけど、実際チャートを見ちゃうとスキャルしたくなっちゃいますよねw

スキャルパーあるあるだと思いますけど、ちょっとした病気ですw

 

その他のことに支障がない程度にやっていきたいと思います(^^)

 

 

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です