遂にドル円は112円割れ!どうなるテクニカルの攻防!注目レンジに到達です!

投稿日: カテゴリー: FXブログ

遂にドル円は112円割れ!どうなるテクニカルの攻防!注目レンジに到達です!

おはようございます!

昨日ブログ更新をする予定でしたが、翌朝になってしまい申し訳ありません。

実は昨日からこのブログを書いている現在まで、久々にガッツリ徹夜中ですw

マーケットの動向がNY時間から激しく、目が離せない展開を見守っていたら、気が付いたらこんな時間に・・・
昔は何日も徹夜するのも平気だったのですが、ちょっと体に堪えています。

でも夜通し見守った甲斐あって、ドル売りを逃すことなく捉えることに成功!

遂にドル円112円割れ!しぶとい抵抗線割れの行方は?

遂にドル円は112円を割って、ストップロスを巻き込みながら下値を拡大中です。

この攻防は見逃せません。

特に目立った要因があったわけではありませんが、フランスのEU離脱に対する警戒感などから欧州株が軟調のままマイナスで引けた為、全体的に警戒感が漂ったNY市場となり、マイナス方向のエネルギーが結局はドル売りの拡大へと繋がりました。

値幅的にはドル円で1円にも満たない程度の値動きなのですが、しばらく根強く抵抗していた112.20円や112.00円などの節目となるラインを突破してしまったので、もう少しこの後下値を掘る展開になりそうです。

日本時間になれば大きく日経平均にも影響してくるでしょうから、それに合わせるように更にドル売りが進む可能性もあります。

112円の節目は、年初からずっと掲げていた重要なテクニカルのラインなので、ここを割り込んだのは値幅以上に大きなインパクトがあります。

この後NY時間内にドル円ベースで112円台を回復できる動きになればいいのですが、もしこのまま111円台が定着してしまうと、意外とあっさりと110円割れの攻防までドル安・円高が進む可能性があります。

カギを握るのはEUR/USDの攻防

特に欧州市場の影響が色濃く感じますから、キーとなるのはユーロドルでしょう。
ドル円はそれを受けての値動きとなると思います。

チャートだけ見ると、ドル円の方が極端な値動きになりつつあるので最重要かと思いがちですが、これは112円フラット前後で構えていたストップロスが一気に巻き込まれた影響が大きいでしょう。

年初の117円台から5円以上の円高ですから、価格帯ががこのまま定着するようなら、遂に本格的な下降トレンドに入ったことを表すことになります。

ただ、ドルは売りなのですが、ユーロも同じように売りです。
この攻防がもつれ込むのか?それが今日の注目ポイントでしょう。

ユーロドルは他の通貨ペアと同じく、現在はキレイにレンジを描いています。
現在も既に切り替えしの反発をして、またまたレンジを形成しつつあります。

ドル円は下値を掘っている最中ですが、ユーロドルがこのままレンジ定着すれば、ぞれに合わせて値が戻ってくる確率が高まります。
単独で大きく相場を引っ張る程の材料があるわけではありませんから、ガッツリと下げた分はしっかり調整してくると考えるのがセオリーかと思います。

問題は、徐々にですがユーロドルが上値・下値ともに切り下げている点です。
日足の雲を抜ける攻防になるのか、それとも切り替えしていくのか、この辺りの動向は今日の様子を見ていればある程度分かるかもしませんから、また応酬時間での攻防に期待しましょう。

今週の注目の経済指標&イベント

  • 2/06(月) 豪・12月小売売上高
  • 2/07(火) 豪・RBA政策金利発表
  • 2/07(火) 米・12月貿易収支
  • 2/09(木) NZ・RBNZ政策金利発表
  • 2/09(木) 米・新規失業保険申請件数
  • 2/10(金) 日米首脳会談
  • 2/10(金) 豪・RBA四半期金融政策報告
  • 2/10(金) 加・1月就業者数/1月失業率
  • 2/10(金) 米・2月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

今週は注目のイベントが少ないです。
ただ、少ないながらもかなり注目度が高いものが!

なんといっても最注目は日米首脳会談!!

これはマーケット的にだけでなく、政治や国防など、あらゆる面の関係者から注目を集めているビッグイベントです。

指標発表などと違い国のトップ同士の、しかも関係の深い同盟国の2ヶ国の首脳会談ですから、大きなサプライズ的な展開や世間を揺るがすような混乱には陥らないでしょうし、事前に話す内容や対策もリークされるでしょう。

記者会見などでメディアには言えない、国家機密レベルの突っ込んだ話しもするんでしょうけど、それはこっちには伝わってこないですからねwマーケットもそれを参考にすることは出来ません。

とはいえ、相手がトランプ大統領です。
既にパワーゲームを仕掛けてきている最中ですから、それを受けて安倍首相どのようにまとめてくるのか?これは単純に見世物的な政治ショーとしても楽しみです。

 

マーケット的にはファンダメンタルズ的な要素が週中は少なくなりそうな今週は、絶好のテクニカルの攻防のチャンスです。
仕掛けてくるファンドも多いでしょう。
ただ、まだどちらの方向へ行くのかは不透明な状況です。

敏感にトレンドをキャッチして、置いて行かれないように頑張りましょう!

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です