結論:ウトウトしながらトレードはキケンw眠い時は素直に寝ましょうw

 

使用したFXツール

 FXシグナルハンターツールX1

0517FXシグナルハンターツールX1その1|FXシグナルハンターKENICHIブログ

シグナル取引結果

 1勝1敗 勝率50% +4.0pips

0517FXシグナルハンターツールX1レポ|FXシグナルハンターKENICHIブログ

約1.0時間で2万円のプラス!

 

こんばんは。

今日はコンサルDAYが早めに終わって帰宅。

そして先程メルマガでお送りしたイベントなどでバタバタしておりました。

 

イベントの方は大変好評で既に沢山の反響が!

メルマガメンバーの皆さんに楽しんでもらえたみたいでホッとしています。

また明日もメルマガでイベントは開催予定なので、今のうちにチェックをしておいて下さい!

 

メルマガ登録はコチラ!

FXシグナルハンターKENICHIメルマガ

お名前 

メールアドレス (必須)

もし届いていない方は、下記のアドレスまでお問合せ下さい。

◆お問合せメールアドレス  → info@signalhunterfx.com

 

 

ブログランキングの方もよろしくお願いします!

参加中のランキング↓

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

 

 

さて、本日報告のトレード結果ですが、久々にやらかしました!

これはFXシグナルハンターツールX1じゃなく、明らかなKENICHIのミスですw

 

結論として、「眠い時になんとなくトレードするのはキケンなので避けましょう」です!

当たり前のことですし、いつもはやらないんですけど・・・

 

昨日も日付が変わるくらいにブログを更新して、その後色々とコンサルの資料をまとめたり事務仕事をやって気が付けば午前3時過ぎくらいでした。

「もー眠いなー、でもFXシグナルハンターツールX1のトレードしなきゃなー」

なんてウダウダしながら、とりあえずやろう!と思いMT4を立ち上げました。

 

ただもうその時点では目がショボショボして、頭もボーッとしてw

なんとなーくポチっとエントリー。

 

結果はご覧の通り、残念な結果にw

 

そもそも一発目の利幅が狭かった時点でやめとけばよかったんですけど、性懲りもなくなんとなく再エントリー。

そしてマイナスw

 

ちゃんと損切りが出来たのは、日々体に染み込んだ感覚の賜物でしょうけど。

朝起きてウトウト・トレードの結果を振り返って反省しました・・・w

 

いや、ミスというか・・・

反省ですねw

 

 

時々こうゆうことをやってしまう辺り、まだまだ修行が足りないなぁと・・・

KENICHIにFXを教えてくれた師匠のお言葉を思い出しながら、トボトボとコンサル先へと向かったKENICHIでした(^^)

 

 

そんな1日だっただけに、イベントも上手くいくか心配だったんですけけど・・・

おかげ様で初日となる今日は無事に成功をすることができました!

 

イベントウィークの名に恥じないものなので、明日以降もお楽しみに(^^)

 

それでは、また。

 

X1リリース!詳細はバナーをチェック!

FXシグナルハンターツールX1

新作インジケーター販売スタート!

コンプリート特典★無料プレゼント★申請フォーム

詳細はコチラ!↓

ゴールデンコラボFuture

ゴールデンコラボFutureの最新クチコミ!

ゴールデンコラボLINE

ゴールデンコラボLINEの最新クチコミ!

ゴールデンコラボMA

ゴールデンコラボMAの最新クチコミ!

オリジナルレポート限定タイアップ中!

現在KENICHIが執筆したオリジナルレポート【シストレAtoZ】を配布中です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

シグナルハンター・オリジナルレポート【シストレAtoZ】プレゼント!限定タイアップ!

ブログ内にあるこのバナーからリンクして、口座開設をすると入手できます!

→ 詳しくはコチラの紹介ページをご覧下さい!

メルマガ登録はコチラ!

FXシグナルハンターKENICHIメルマガ

お名前 

メールアドレス (必須)

もし届いていない方は、下記のアドレスまでお問合せ下さい。

◆お問合せメールアドレス  → info@signalhunterfx.com

 

参加中のランキング↓

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。