祝・利上げ!ドルとアメリカの今後の見通しは明るい?それとも・・・?

投稿日: カテゴリー: FXブログ

祝・利上げ!ドルとアメリカの今後の見通しは明るい?それとも・・・?

こんばんは!

【ゴールデンコラボMA】の人気が日に日に増していき、サポートのメールも増えて気づけばこんな時間・・・!それだけ皆さんに支持していただけているという、嬉しい悲鳴でもあるので頑張りますw

↓バナークリックで詳細をご覧いただけます!↓

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc640

遂に利上げ!来年も強気の見通しで大盛り上がり!

さて!皆さんご存知の通り、FOMCでFRBが利上げを決断しました!
全会一致での決定と、市場の予想通りの結果となり、今年1年悩ませていた足元の『本当に利上げするのか?』という懸念材料が、いよいよ払拭されました。

これを受け、ドル円はこのブログを書いている現在118円に到達するなど、週初めのブログで予想した通りの値動きになっています。

◆参考記事

いよいよFOMC!その時世界はどう動くのか?円安?円高?ドル買い?ドル売り?

市場がここまで盛り上がっているのには、FRBが来年以降の利上げに積極的&強気な姿勢を打ち出したことが最も大きいでしょう。

アメリカの長期金利も急騰し、既定路線通りの順調な船出となりました。

ドルが買われすぎ?疑心暗鬼な為替市場の今後は?

気になる点としては、やはり「行き過ぎたドル高となっているのでは?」という点でしょう。
これに関しては、KENICHIの個人的な意見も行き過ぎていると感じます。
どこかで大きな値崩れがあっても全く驚け無いほど、マーケットはリスクを積極的に取りに行っています状況です。

「乗り遅れてはいけない!」といったような心理が、買いが買いを呼ぶ展開を生み出しているのかもしれませんが、このドル・バブル状態は一体いつまで続くのでしょうか?

今の時点でのみの判断であれば、『まだまだ続きそう』というのがKENICHIの見解です。
理由としては「今ドル売りをする材料が見当たらないから」ですね。

ここ数年マーケットは盛り上がりはじめると、一気に止まらずに過熱し続ける傾向にあると思うので、このままドル円120円台までスルスルと上昇していきそうな雰囲気が漂っています。

年内に水を差すような要素も今のところ見当たらないので、このままトランプ新大統領就任などのイベントまでは、この流れが続きそうです。

もしこの先マーケットの流れが変わるゲームチェンジャーがいるとすれば、それはきっとトランプ政権でしょう。

何か懸念事項があるわけではありませんが、それくらいのインパクトのあることをやるとすれば、今はなんと言ってもトランプ氏でしょうから。彼の政権に対する評価をキッカケにして、歯車が狂い始め、マーケットが急落する。

こういったシナリオは警戒しておく必要があると思います。

現時点では内需を充実させる方針への期待が集まっているので、概ね前向きに捉えられていますが、国際情勢的にはかなりのリスクを取っていく方針に変わりはなさそうですから、何か外交面でトラブルが勃発すれば、そのままグローバルマーケットに直結する可能性は無視できません。

リスクが沢山!警戒は必須だか乗り遅れるな!

分かりやすい例としてトランプ政権をあげましたが、それ以外にもドル高に対するリスクは沢山あります。
プチバブルのような状況ですから、いつパチン!と、はじけてしまったとしても驚きません。

だからといって「リスクがあるなら怖いから、今は静観しておこう・・・」
こんな結論は大間違いです!!

世界中でリスクオンしてる流れに、ただただ置いていかれるだけですよw
マーケットを乗りこなして稼ぐコツは、基本的には「流れに乗ること」です!

今きている波を逃さずに、しっかりと乗ること!
それをしなければ、いつまで経っても勝てません。

ただ先程から申し上げている通り、リスクも見え隠れしている状況なので、リスクへの警戒・・・つまり「防御策はしっかりとした上でトレードしましょう!」ということです。

マーケットを楽観視して、雑なエントリーで放置したりせずに、ちゃんと損切り&利確ラインを設定してコマメに修正したり、一旦利食いして再エントリーするようにしたり、FXトレードの基本に忠実に、キッチリとしたトレードが今こそ必要な場面です!

それさえしっかりやっておけば、例えリーマンショック級の大波乱相場きたところで、何も恐れる必要はありません。

丁寧に、しっかりとルールを守ってトレードする。

これはどんな資金があろうが、どんなツールを使っていようが変わりません。

 

キッチリと利益を狙っていき、最高の年末になるように!
皆さん頑張ってトレードしましょう!

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です