明日は絶好の稼ぎ時!祝日を利用して荒稼ぎしちゃいましょう!

 

明日は絶好の稼ぎ時!祝日を利用して荒稼ぎしちゃいましょう!

こんばんは!

先日リリースしたシリーズ第2弾【ゴールデンコラボLINE】が大反響!
多くの方に使っていただき、本当に感謝です(^^)

まだご覧になっていない方は、先日のブログと併せてご覧下さい!

↓バナークリックで詳細をご覧いただけます!↓

ゴールデンコラボLINE

リリースのお知らせ記事(内容についての紹介もしています!)
→ 大好評コラボ第2弾!ゴールデンコラボLINEが遂にリリースです!

 

既にいくつか実際に使ってみた方からのレポートも届いてるので、明日のブログでご紹介しますね(^^)

クリスマス休暇ムードの欧米!

今年も残りわずかとなりましたが、日本の年末とはちょっと違い、欧米では『クリスマス休暇』が1年の締め括りとして認識されています。

先進国に非常に多いキリスト教の国家のクリスマスは、日本のクリスマスとはちょっと違う、より大きなイベントなのでこれを区切りにお休みに入る投資関係者も毎年とても多いです。

市場参加者が一気に減っていることは、今日の揉み合い相場を見れば一目瞭然です。

特に今年はこれまでにトランプフィーバーや日米金利差フィーバーで大きく値動きがあっただけに、キッチリと手仕舞いをしてお休みする関係者が多数!

明日も大きく方向感が取りづらい相場になることが予想されます。

 

とはいえ!揉み合いになってますけど、全く動かない訳ではありません。
むしろキレイなレンジの繰り返しになる可能性が高いです。

キレイなレンジということは・・・はい、そうですw
もうお気付きでしょう!

【ゴールデンコラボLINE】【ゴールデンコラボMA】で、レンジ相場の攻略をバッチリして荒稼ぎできるチャンスです!!

テクニカル無視の相場よりも、ある程度決まったレンジでの揉み合いは、むしろ絶好の稼ぎ時です。

 

「市場参加者も少なくてレンジ相場って、稼げないんじゃないの?」
なんて考えを持っている方は、乗り遅れてますよ!w

スキャルピング~デイトレにとって、レンジ相場DAYは絶好の稼ぎ時です!
行ったり来たりを繰り返しているだけで、いくらでも利益を積み重ねられます。

『レンジ』という言葉だけで、稼げないといったイメージを抱いてる方は、しっかりと1分足や5分足のチャートを振り返って見て下さい。

 

10pips、20pipsくらいの利益を取れるチャンスはいくらでもありますよね?

それを5回、10回と積み重ねて50pips、100pipsと稼いでいく。

こういったイメージができれば、レンジは絶好に稼げるチャンスだと分かってもらえると思います(^^)

 

もちろんレンジの範囲を把握しておくこと、正しい売買ポイントでトレードすることで、安定した成績を残すことが前提ですが・・・
それに関しては【ゴールデンコラボLINE】【ゴールデンコラボMA】があれば協力にアシストしてくれるので、心配はいらないです!

 

明日の相場を攻略して、最高の1年の締め括りにしちゃって下さい(^^)

 

それでは、また。

 

X1リリース!詳細はバナーをチェック!

FXシグナルハンターツールX1

新作インジケーター販売スタート!

コンプリート特典★無料プレゼント★申請フォーム

詳細はコチラ!↓

ゴールデンコラボFuture

ゴールデンコラボFutureの最新クチコミ!

ゴールデンコラボLINE

ゴールデンコラボLINEの最新クチコミ!

ゴールデンコラボMA

ゴールデンコラボMAの最新クチコミ!

オリジナルレポート限定タイアップ中!

現在KENICHIが執筆したオリジナルレポート【シストレAtoZ】を配布中です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

シグナルハンター・オリジナルレポート【シストレAtoZ】プレゼント!限定タイアップ!

ブログ内にあるこのバナーからリンクして、口座開設をすると入手できます!

→ 詳しくはコチラの紹介ページをご覧下さい!

メルマガ登録はコチラ!

FXシグナルハンターKENICHIメルマガ

お名前 

メールアドレス (必須)

もし届いていない方は、下記のアドレスまでお問合せ下さい。

◆お問合せメールアドレス  → info@signalhunterfx.com

 

参加中のランキング↓

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。