明日は年度末最終日!FX相場にとっても正念場!しっかり準備できていますか?

投稿日: カテゴリー: FXブログ

明日は年度末最終日!しっかり準備できていますか?

こんばんは!

いよいよ3月も明日で終わりです。
月曜日に更新したブログでも書いたように、年度末はFX的にも大きな動きが出やすいタイミングなので、明日の朝にかけてはしっかりと注意をして望みましょう!

懸念事項はクリア!値動きは小さい?

今週はブレグジットやアメリカの利上げなど、お馴染みの話題に加えてトランプ政権への信頼が問われるニュースが大きく扱われました。

特にトランプ政権とオバマケアの問題は、今後の議会運営に大きく不安を残す結果となっただけに、株式市場など各マーケットが反応するかと思われましたが、結果的には小幅な値動きでそこまでの影響はなかったようです。

ただ懸念事項として重くのしかかることに変わりはないので、アメリカとドルにとってマイナス要因であることは間違いありません。

というよりも、ご祝儀相場的に期待感が先行して上昇していったのがトランプラリーですから、実体のないまま上昇した分の揺り戻しがあっても全く驚けません。

現状の適正価格は?今は円高?円安?

そう考えると今のドル円相場は、まだ高水準を保っているのかもしれません。
ドル円108円、日経平均1万8000円
この辺りが本来の現状の適正な水準ですかね?
実体のない期待感での上昇でしたから、調整の巻き戻しは普通にあるでしょう。

現状の値が高いか?低いか?
これを判断するのは難しいですが、個人的には決して低くはないと思います。
やや円安・株高なのではないかと思います。

ポジティブな材料が出てくれば別ですが、目立った点がないですからね。
レンジ的には108円~112円くらいのレンジと見るのが冷静な判断かもしれません。

いよいよ明日の朝!仲値に注目!

ここまで言ってきたのは、現状のマーケットの把握です。
基本的にマーケットはそういった流れに沿って値動きが進みますが、都発的な要因やイベント的に流れによって大きく混乱するのも、またマーケットの一面です。

明日はそういった現状をブチ壊す要因があるのでご注意下さいw

特殊な値動きにご注意を!

ブログをお読みいただいている方々なら既にご存知でしょうけど、先日のブログでも書いたように明日は3月31日。つまり年度末の最終日です!

卒業シーズンや春休みなんて全て吹き飛ばすくらい、企業にとっては正念場の重要なタイミングです!!

1年間コツコツと積み重ねた業績はもうどうにもできませんが、その成果が1.1倍!1.2倍!1.3倍!と上昇するかも!
反対に0.9倍!0.8倍!0.7倍!と下降するかも・・・!

それが、いわゆる『仲値』と呼ばれるものです。
簡単にいえば、その日1日の為替の基準レートの共通ルール。
みたいなものです。

これは毎日決まった時間、日本の場合は大体午前9時55分頃に決められているものなのですが、明日は年度末の最終日ということで、【決算で使用する1年間の基準レート】にもなるから大事なんです!

企業決算と仲値

輸出関連で業績をあげてきた上場企業にとって、大きな分かれ道です。
この違いだけで数億、数十億、数百億単位で収益が変わってきます。

株主総会の季節に・・・
『㈱○○○は今年度100億増益!!』になるのか・・・
『㈱○○○の今期の赤字は100億!!』になるのかw

全く違いますよね?
1日で為替が動く範囲はある程度限られているので、例に挙げたような極端違いまでには至りませんが、大企業になると数百億単位で変わるの可能性は十分有り得ます。
(もちろん上場企業は四半期ごとに決算をしているので、1年丸々というわけではありませんが、分かりやすく表現しているのであしからず・・・)

決算の見え方がそれだけ変わるので、企業も本気で為替レートの調整に挑みます。
輸出企業は円安方面へ、輸入企業は円高方面へと行って欲しいので、その激しい攻防が繰り広げられます。
特に日本時間の午前中ですから、まだ他のマーケットが寝静まっている時間帯でもあるので、極端な値動きをすることも珍しくありません。

今年の場合は全体的に円安傾向で推移していましたし、ドル円110円割れも回避しているので、そこまで危機感を持っている企業は少ないでしょうけど、突発的な値動きへの警戒はしておく必要があります。

トレンドの変化には柔軟な対応が必須!

もう一つ警戒しておく必要があるのは、仲値が決まった後の相場です。

仲値が決まるまでは価格を死守する為にキープされていたが、それ以降は資金を引き上げてしまうといったケースも考えておく必要があります。

今週横ばいの値動きだったのは、調整や様子見をしていたからといったムードがあることも事実ですから、それらが本格的に動き出した時には、大きく新しいトレンドが生まれる可能性があります。

仲値までは警戒していたが、その後一息ついて気付いたら・・・

なんてこともよくある話しなので、自分の持っているポジションを全て手仕舞いをするまでは気を抜かないように心掛けましょう!

警戒し過ぎ?用心するに越したことはありません!

これだけ警戒しておけば、どんな展開になったとしても対応できるでしょうw

杞憂に終われば、それに越したことはありませんけど、
後悔だけはいくらしても取り戻せないですから。

毎年の恒例行事みたいなものですから、警戒し過ぎくらいなくらい警戒しておいて損はないと思います。

ちょうどのお仕事がスタートする時間帯でもありますから、リアルタイムで値動きをチェック出来ない人はそれまでに逃げておくのも1つの手だと思います。

あえて狙うつもりの人も、リスク管理をしっかりとした上でトレードするように心掛けて下さい。

上手く乗り切って、いい形で新年度&週末を迎えたいですね!

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です