日本団が日米首脳会談へと出発!いよいよ始まる日米の攻防!

投稿日: カテゴリー: FXブログ

日本団が日米首脳会談へと出発!いよいよ始まる日米の攻防!

こんばんは!
今日は寒いですね!雪降っててビックリしましたw

こういった日は引きこもるのが1番!
専業トレーダーという自由業の特権ですw

日米首脳会談に警戒の相場!

目下マーケットの注目ポイントは・・・
『日米首脳会談』

これです!

岸田外務相と麻生財務相も同行する、まさに日本のトップがアメリカへと乗り込む形となっています。

当然、今後の日米同盟の行方について語るのでしょうけど、マーケットの空気的には日本にとってマイナスな結果となることが予想されています。

円高へ進むと展開が予想される最大の要因は、これまでも食い違った思惑が見え隠れしていた、日米の貿易・通商に関する方向性の違いです。

日米首脳会談をキッカケに、いよいよ本格的な通商交渉がはじめると予想されているので、それはつまり日本にとっては不都合なトランプ政権の要求を突きつけられるということ。

パワーゲームの外交を仕掛けてくるのは必至でしょうから、日本のトップ達がどう立ち向かうのかにも注目です。

表に出てくる情報は一部でしょうし、表面的には友好的な様子が報道されるでしょうけど、マーケット関係者は深読みが上手ですから、言葉の端々や関係者からの証言がチャートに影響していく様子に注目です。

ドル高を嫌うアメリカ、円安を望む日本

日米の交渉の最大の関心は、やっぱり通貨政策です。

FXトレーダーに直結する部分ですし、全トレーダーが注目をしているでしょう。

民主党から共和党へと政権が移行されたわけですし、大きくこれまでと変わるのは必然です。
更には来年にはイエレン議長の任期が終了するので、FRB議長もトランプ大統領の考えに寄った人物になることも避けられないでしょう。

つまり、長くてもあと1年以内に!

日米の通商や通貨に関する政策の交渉を、日本にとっても不都合のないものに仕上げなければいけない。
これが安倍政権に課せられた大きなミッションなのです。

今回は最初の交渉ですから、大きく意見が食い違うこともありえますが、それが「1年かけても埋まるとは思えない大きな溝」とマーケットが判断した場合は、かなりの勢いで円高が進む可能性があります。

日本にとってポジティブな材料がみられたとしも、大きく円安に進むとは思えませんが「現在のレンジを守れるのか?」「緩やかな上昇カーブを描けるか」「下値を踏みとどまれるか」
こういった目線が今回、そして今後のカギになるでしょう。

報道には要チェック!急激な価格変動に警戒を!

そんなわけで、今日明日は報道によって大きく値が動くリスクが常にあると思って下さい!上手く予想して波に乗れば、一気の爆益も可能だと思いますが、チャンスと捉えるかリスクと捉えるかは、難しいところですw

ポジションを持つ場合は、しっかりと防御策の損切りラインを設定すること!コマメにチャートや報道をチェックしておくこと!深追いしないこと!などを心掛けてトレードして下さい。

リスクと考える方は、今週はもうエントリーせずに見送るというのも悪くない選択肢だと思います。
もしやるとしてもショートのスキャルピングにするなどして、リスクを最小限に留めることを意識するようにしましょう。

 

難しい相場地合いですから、トレーダーの判断が問われる局面です!

自分のトレードスタイルをしっかりと守って、こういった時だからこそ丁寧なトレードをするように!改めて心掛けるようにしましょう!

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です