悲喜こもごものブレグジット・・・FXニュースと一般ニュースの見極めにはご用心

投稿日: カテゴリー: FXブログ

悲喜こもごものブレグジット・・・FXニュースと一般ニュースの見極めにはご用心

 

こんばんは。

FXシグナルハンターツールH1の検証トレードを限定記事にアップしました(^^)

 FXシグナルハンターツールH1

メルマガメンバー限定記事はコチラ

→ FXシグナルハンターメルマガ限定0628

閲覧にはパスワードが必要になります(^^)

この後すぐにお送りするメルマガでご確認下さい!

※パスワードは定期的に変更になります。入れない場合はメルマガをしっかりとご確認下さい。

 

連日ブレグジットに関する報道が一般ニュースを賑わせていますけど、このブログをご覧のようなFXトレーダー達からしてみたら「今更?」感が否めませんよねw

FXをやっていると経済のニュースを一足先に仕入れるクセがついているので、こういったことはよくあるのですが、弊害として1つ1つのニュースがどれ程の大きな出来事なのかの感覚を失いがちなのは悪いところですが、今回のニュースはセンセーショナルなものですし規格外だと思っていいです。

大体傾向として、ブレグジットのような政治関連のニュースは好んで取り上げられますが、経済のニュースは専門的な知識がないと理解できない部分も多いでしょうから、あまり大きくは取り上げられない傾向にあります。

(WBSやマーケット関連の番組では別ですが・・・)

 

例えばアメリカの利上げ問題なんかは、経済に関わる人にとってはもの凄い大ニュースですけど、一般ニュースで深く取り上げる程のニュース性は低いかもしれません。

日銀を例にしてみれば、マイナス金利政策の時は一般ニュースでも大きく取り上げられ話題になりましたが、黒田バズーカについてはそこまで大事とは取り上げられなかった印象です。

 

やっぱり一般ニュースで取り上げられると大きなニュースって印象を持つ人も多いですし、それも間違いではないのですが、それだけで重要かどうかを決めるのは少々危険です。

一般ニュースでそこまで見かけないからといって、世界経済の動向を左右するニュースもありますからね。

情報が溢れている現代の中で、その価値を見極める目を持つ能力は意外と見落とされがちですけど、非常に重要なものなので!

その感覚にあまり自信がない人は、意識して今のうちからトレーニングをしておいた方がいいかもしれません。

 

特にこの先数年は、ニュースや要人発言や指標などで、テクニカルやトレンドをブチ壊す無視した動きをすることが、これまで以上に増えるでしょうから、思わぬ退場を喰らわない為にも身につけるといいと思います。

 

でもそう考えるとギリシャ危機の時は結構どこのニュースでも連日報道されていましたし、経済<政治の方が一般ニュースでは好まれるのかもしれないですね。

他のニュースとの兼ね合いもあると思うのでその時々の状況次第でしょうけど、あながち間違っていないのではないでしょうか?w

 

話は変わりますけど、今週はKENICHIも大忙しです・・・

先週末の自分のトレードは上手く利益を取れて大成功だったのですが、コンサル先の指導してきた担当者がどうやらブレグジットの結果前後でやらかしてしまったらしくて・・・

「KENICHIさんの指導を守らずにリスク管理を怠った自分の責任です・・・」といってくれてはいるのですが、だからといって放っておく訳にもいかないので、今なんとか火消しができないか対策を考えているところです。

 

お世話になっている社長さんなので理解はしてくれているのですが、その担当者の立場を考えると、何かしら結果でカバーしないといけないですからね。

 

力になれる上手い方法がないか、明日まで頭悩まして提案したいと思います。

 

諦めない限りどんな場面だって勝てるのがFXのいいところですからね。

 

彼が戦い続ける限り、KENICHIも一緒に戦いたいと思います。

 

 

それでは、また。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です