レンジブレイク目前のドル円相場!今日明日は大きな変動に注意です!

投稿日: カテゴリー: FXブログ

レンジブレイク目前のドル円相場!今日明日は大きな変動に注意です!

こんばんは!

いよいよ明日は雇用統計です!
昨日発表されたADP全国雇用者数の結果を受けて、ドル円が一気にレンジ上限まで突き進んだように、マーケットの関心がアメリカの利上げの行方にあることは間違いないようです。

雇用統計だけじゃない!ドラギ会見にも注目!

今日はまだ様子見程度ですが明日の雇用統計の内容次第では、大きな上昇を見せる可能性もありますね。

今夜はECBの金利発表とドラギ総裁の会見があります。

金利据え置きが確実視されている金利発表は雇用統計に比べると注目度低いですが、ドラギ総裁の会見は毎回大きな注目が集まります。

サプライズ的なことをよくやるからというのもありますが、それ以上にトランプ大統領をはじめとした世界情勢の変化や米金利の行方、そしてイギリスの正式なEU離脱など話題になる要因が多いです。

大きな動きはないかもしれませんが、マーケットを調整しようとする牽制的な発言が出る可能性は非常に高いと思うので、内容次第ではトレンドに影響を及ぼすかもしれません。

テクニカル的な目線で再確認しよう!

昨日のドルのトレンド変化のキッカケは、ADP全国雇用者数が大きかったでしょうが、テクニカル的に見ると決しておかしたな動きをしているとは思えません。
ここのところ続いているレンジ相場から脱却しているわけではないからです。

小幅なレンジへと縮小していた動きから元のレンジへと戻っただけであって、115円の壁をブレイクしているわけではないですからね。トレンド変化の兆しが見えるのは確かですが、とにかく明日の雇用統計を控えて様子見といったムードが強いです。

どこかのファンド勢が明日に向けて仕掛けをはじめる可能性はあるので、NY時間のマーケットの動向にも注目です。

ポジション持ち越しに注意!

今夜から明日にかけては、まだ雇用統計前だからと侮ってはいけません!
突発的な値動きがあっても驚けない状況なので、ポジションを持ち越したまま寝てしまわないように気を付けて下さい!

朝起きたら退場に・・・といった最悪の事態に陥らないようにw
しっかりと防御策を心掛けておきましょう。

 

いよいよマーケットが大きく動き出す週末となりました!

来週のFOMCまで荒い値動きが続きますから、防御策をしっかりと固めておかないと痛い目にあうので注意して下さい。

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です