ドル円大フィーバー!株高&ドル高で盛り上がる中、国内ではトランプ騒動も勃発!!

投稿日: カテゴリー: FXブログ

ドル円大フィーバー!株高&ドル高で盛り上がるトランプ騒動が継続中!!

こんばんは!

先週の大統領選挙以降、相場は引き続き混乱をしていますね~。

ドル円がこのブログを書いている時点で108円前後まで円安が進むという急進っぷりをみせていますが、これは果たしていい傾向なのか・・・それとも悪い傾向なのか・・・今の時点では何とも言えません。

少なくともFXトレーダーには、今年1番の絶好の稼ぎ時であることは間違いなしw

年末を目前に控え、はやくもボーナスをゲット!って方も少なくないと思います!

トランプラリーで株高ドル高!共和党独占に期待感

順調に進んでいったドル買いですが、今週は勝負の分かれ目となりそうです。

このまま勢いで心理的な節目である110円を目指すことができればいいのですが、今週はイエレン議長の議会証言、FRBメンバーの講演、ドラギECB総裁の講演、そして安倍首相とトランプ新大統領の会談など、要人発言が連発です。

更には指標も注目度の高いものが多く、しかも下振れリスクが高い予想もされているので、内容次第では大きくトレンドに影響を及ぼすかも。

ここまで不透明感からのドル売り、そして期待感からのドル買いと進んでいるだけに、危惧されているトランプ新大統領のリスクが形となって表れた場合、一気にドル円ベースで2~3円程度の下げに転じることも十分考えられます。

ここまで大統領選以降、既に4円近く動いているだけに決して無い話ではない!ということを頭にいれつつトレードをするようにして下さい。

いよいよ始動!トランプ新大統領体制

選挙中の公約を実現路線へと軌道修正させて評価された先週とは違い、いよいよプランだけではなく本格的な大統領としての準備が始まります。

特に外交面、これまで選挙戦で痛烈に諸外国を騒がせるような発言を繰り返していただけに、どういった関係値を各国と築いていくのか。注目が集まります。

おそらくはそつなくこなして、また『マーケット安心→ドル買い』の流れが濃厚ですけど、それ以上に各国の国家元首レベルとの会談に政治素人のトランプ氏がどう対応をするのか。発言面だけでなくパワーゲームだけでは通用しない交渉力に注目をしたいところです。

アメリカ国内で不穏な動きが・・・

少し気になるのは、トランプ氏の大統領選勝利を「絶対に認めない!!」といった抗議デモが、衰えをみせることなく全米中で広がりをみせている点。

俳優やミュージシャンもデモを盛り上げ、まだまだ広がりをみせそうです。

実際どうかは別として、トランプ氏のこれまでの発言を取り上げ「トランプはファシストだ!ファシズムでなく自由こそがアメリカだ!」といった主張をしている人も沢山いるようです。

ヒトラーとトランプを重ね合わせるような人が多数出てくる程、強い意思のデモになっていることは報道などを通じても十分伝わってきています。

現時点では「ガス抜きのようなもの」として、さほど深刻には受け止められていないようですが、ブレグジットからのトランプ勝利といったことが起こったように『世界で起こったムーブメントは波及して繰り返される』という理屈で考えると・・・『アメリカ版アラブの春』が実現する可能性も0ではないかもしれません。(まだ就任もしていないトランプ氏を批判するデモが、アラブの春と同類とは言えませんが)

デモがこれ以上広がりをみせるような事態になった場合、アメリカほど『自由』や『民主主義』に強いこだわりを持つ国はありませんから、大きな大きな混乱が巻き起こる可能性すら出てきます。

今のところはそこまでの心配はいりませんが、一応ニュースを追っかけるだけはすることをオススメします。

今週の注目の経済指標&イベント

  • 11/14(月) 日・7-9月期GDP(1次速報値)
  • 11/14(月) 中・10月小売売上高
  • 11/15(火) 豪・RBA金融政策決定理事会議事録公表(11/1)
  • 11/15(火) 独・7-9月期GDP(速報値)
  • 11/15(火) 英・10月消費者物価指数
  • 11/15(火) 欧・ユーロ圏7-9月期GDP(速報値)
  • 11/15(火) 英・カーニーBOE総裁議会証言
  • 11/15(火) 米・10月小売売上高
  • 11/15(火) 米・11月NY連銀製造業景況指数
  • 11/16(水) 英・10月雇用統計
  • 11/17(木) 米・安倍首相・トランプ次期大統領会談
  • 11/17(木) 豪・10月雇用統計
  • 11/17(木) 英・10月小売売上高
  • 11/17(木) 米・10月消費者物価指数
  • 11/17(木) 米・11月フィラデルフィア連銀製造業指数
  • 11/17(木) 米・イエレンFRB議長議会証言
  • 11/18(金) 欧・ドラギECB総裁講演

これ以外にも、アメリカの各連銀総裁による講演が今日から連発するので、そちらにも注目です。

現在のドル買いは少しお祭り騒ぎ的な過剰な感も否めないので、リスク回避の指値はしっかりと入れておくようにしましょう。

 

その他の通貨で注目なのは、やはりポンドですね。

アメリカのトランプ氏の勝利と同じく、ブレグジットで世界中にグローバルとは真逆の内向きな姿勢を示したイギリス。

その影響から、ずっと浮上の目を見出だせずにいたポンドですが、ここへきて『トランプ氏勝利』そして『急激な米株高・ドル買い』という強烈な追い風を受け、復活の兆しをみせつつあります。

短期ではなく日足ベースで雲に差し掛かりつつあるので、ここを突破することができればトレンド転換も見えてくるだけに、この攻防には注目でしょう。

ドル円が盛り上がっていますから、ポンド円・ポンドドルを中心にチェックしましょう。

今週はKENICHIブログ&メルマガに要注意です!!

実はまだ詳しいことは言えませんが、近々大きな発表をする予定です!

皆さんの要望も高かった「例の件」についてなのですが・・・
まだもう少しお待ち下さい!!

 

それでは、また。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です