トランプがマーケットを動かす相場の流れはいつまで続くのか?時代の変化を掴め!

 

トランプがマーケットを動かす相場の流れはいつまで続くのか?時代の変化を掴め!

こんばんは!

深夜のブログ更新になってしまいごめんなさい。

トランプ大統領の発言で騒がしい相場となった1週間でしたが、みなさんは上手くのりこなせたでしょうか?

今週のFX相場とマーケットを振り返る

週のはじめのブログで、
「今週はテクニカル向きの絶好のチャンス!」とお伝えしましたが、
懸念事項として挙げた、
「政策に関する発言が出た場合はマーケットが大きく動く可能性が高い」という点がまさに現実となったような1週間でした。

下記のチャートは今週のドル円の1時間足のチャートです。

トランプがマーケットを動かす相場の流れはいつまで続くのか?時代の変化を掴め!

ご覧の通り、キレイな『行って来い』状態だったことがよく分かると思います。

1時間足でみると今週は広い意味で『レンジ相場』だったことがわかります。
ドル円で3円くらいの幅のレンジなので、読み切るのは難しかったですね。

読みを難しくしたのは、やっぱりトランプ大統領の発言です。

大統領就任直後ですから当然といえば当然なのですが、連日メディアに大きく取り上げられるような政策方針や大統領令に関する発言を連発して、今週も世界の話題の中心として存在感を発揮していました。

特に貿易に関わる発言、国境税や関税、そして為替に関する発言はマーケットに直接的な影響を度々与えました。

NY株価はトランプ大統領の発言を歓迎して株価を上げていましたが、それと比べるとドルへ買いが集まるスピードが鈍かったのは、まさにトランプ大統領の方針がドル相場においては非常に判断が難しい材料であることを示していると思います。

これだけの株価の上昇ですから、本来であればドル円118円台を目指てもおかしくないと思うのですが、未だに115円前後のレンジでの攻防となっています。

今後もしばらくはこの株高の流れは継続するでしょうが
「内需拡大で株価は上がるが、ドル高は歓迎しないアメリカの方針」が
どのよう作用していくのは微妙なところだと思います。

株高でドルは鈍く上昇、株安でドルが売られる展開か?

今後も内需拡大の為に刺激的な発言をトランプ大統領は繰り返すでしょう。
そのうちのいくつかも、徐々に実現に向けて動き出すと思われます。

ただ、ドル高に関しては抑制したい思惑がありますから、ドル高が進んだ場合に何かしらの策を打ってくる可能性を否定できません。

そうなると為替相場のドルの立場は非常に難しいです。

常に銃口を突きつけられているような状態。
いつ発射されるか分からない状態のリスクと向き合ことになります。

ドル高を進めづらくなりますから、上値が重い展開になりやすいです。

例えばドル円でいえば130円まで上昇するなんて予想がありましたけど、そこまで到達する前にトランプ政権が牽制する策を打ち出してくるでしょう。
常にそうした想定をする必要があるので、上値の伸びは限定されてしまいます。

ドル高抑制が開放されるとしたら、それはトランプ政権の政策がマーケットに与える影響が弱まった時でしょう。
その時は内需拡大で湧いている株式相場も落胆して下落し始めるでしょう。となると、ドル上昇の材料も無くなります。

※現在※トランプの影響大 →  【株高】ドル高は抑制・・・
※今後※トランプの影響減 →  【株安】ドルも一緒に下落・・・

つまり、このように株高とドル高の両立する展開は、トランプ政権の方針とは矛盾が生じるので、両方が青天井で伸び続けているくことは難しいと考えられます。

ただマーケットの常識が『株高=ドル高』なのは誰もが分かっていることですから、一体どれだけトランプ方針の影響がマーケットに現れるのか?これが今後の経済のポイントになりそうです。

そもそも矛盾だらけ!どこまで通用するのか?

ここまでもお話してお気付きかもしれませんが、そもそもトランプ大統領の方針は矛盾だらけの無茶苦茶なものなんですw

「雇用と国内企業の利益を上向かせる!その為に海外企業からの輸入品には関税を高くして不利にする!アメリカ発の輸出企業にとっても有利になるようにドルは高くしないで競争力を高める!」

これはつまり「アメリカ国内での消費は国内生産品のみ!海外企業が儲かるのは嫌だ!でも他の国はアメリカの製品を買え!」ってことです。

それが理想なのはどの国も同じですが、そんな都合のいい話は普通は通じません。
ギブ&テイクというか、どちらにも利益があるポイントを探って落とし所を見つけるのが当たり前です。

しかしそれとは正反対の・・・
「アメリカだけがよければそれでいい」これがまさにトランプ政権の主張です。

まさにポピュリズム的な考え方です。

これがそのまま通用するはずはないんです。
それでは何故、トランプ政権はこんなことを主張しているのか?

KENICHIが見る限り、トランプ政権はいわゆる『パワーゲーム』を仕掛けているんだと思います。まさにアメリカ的な発想w

全て通るとはハナから思っていないけど、はじめに無茶苦茶な要求をして、少しずつ譲歩して、結局有利なところで納得させる。

昔からアメリカの外交やビジネスはこういった向きはありますけど、時代の流れと共に国際社会から批判され、徐々に常識的なやり方に落ち着いていました。

グローバル化した現代において、自分の主張だけを無理やり通そうとする、アメリカが王様の帝国主義的な発想は時代遅れになっていたからです。

時代が巻き戻されれば、常識も巻き戻る

オバマ大統領はノーベル平和賞を受賞する程の平和的な考え方の大統領でした。

オバマ政権は大国主義的な発想で世界でメチャクチャやっていたアメリカを「対等な立場で対話する」「話しの分かる存在」といったアメリカに変化させました。

しかしトランプ大統領、そして共和党にとってはそれは不満だった。
そして同じように考えている国民も多かった。

そうやって生まれたのが、トランプ政権です。

私達もこの8年間のアメリカのイメージで考えるのは変えなければいけません。

自分の都合で戦争をはじめたブッシュ政権まで、もっといえば冷戦時の共和党政権の時代まで、考え方を巻き戻す必要があります。

世界の常識は通用しない。
アメリカこそが常識である。

これくらいに思っておいた方がいいかもしれませんw

時代に応じて変わっていったアメリカが、また時代に応じて変わっていく。

昔と同じような考え方が本当に通るのか見ものですが、これもまた時代の変化と思って受け入れるしかないですねw

 

 

 

ここまでお読みになった方は「KENICHIは相当なトランプ嫌いなんだな~w」なんて思うでしょうけど、別にそこまで嫌いでもありませんw

フラストレーションを抱えた世界がポピュリズム的な思想に傾倒するのは理解できますし、その中でアメリカに共和党政権が生まれるのは当然だと思います。

その中でも最も保守的な主張をしたのがトランプで、それが支持されたのはまさに時代を象徴しているなぁー、って思っています。

好き嫌いではなく、時代が動いている事実は受け入れなきゃですからね!

まだ今世界に起きている変化を理解できていない人は、早く追いつかないと置いて行かれますよ~w

 

そんなことを実感した、1週間でした。

みなさん今週もお疲れ様でした!

 

それでは、また。

 

X1リリース!詳細はバナーをチェック!

FXシグナルハンターツールX1

新作インジケーター販売スタート!

コンプリート特典★無料プレゼント★申請フォーム

詳細はコチラ!↓

ゴールデンコラボFuture

ゴールデンコラボFutureの最新クチコミ!

ゴールデンコラボLINE

ゴールデンコラボLINEの最新クチコミ!

ゴールデンコラボMA

ゴールデンコラボMAの最新クチコミ!

オリジナルレポート限定タイアップ中!

現在KENICHIが執筆したオリジナルレポート【シストレAtoZ】を配布中です!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

シグナルハンター・オリジナルレポート【シストレAtoZ】プレゼント!限定タイアップ!

ブログ内にあるこのバナーからリンクして、口座開設をすると入手できます!

→ 詳しくはコチラの紹介ページをご覧下さい!

メルマガ登録はコチラ!

FXシグナルハンターKENICHIメルマガ

お名前 

メールアドレス (必須)

もし届いていない方は、下記のアドレスまでお問合せ下さい。

◆お問合せメールアドレス  → info@signalhunterfx.com

 

参加中のランキング↓

にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。